足の甲の痛みを改善するテーピング

77cf76fc75336fa606f5f41a4c1a0844_s

地面に足をついた時、足の甲の部分に痛みを感じたらリスフラン関節を痛めている可能性があります。その時はこのテープをすることで楽に歩くことができるようになるかもしれません。

足の甲に痛みが出た場合、甲のどの部分が痛いかによっても対処方法は変わってきます。疲労骨折の可能性もありますので、お早めに病院を受診するようにしましょう。


今回の動画はこちら。


足の甲が痛くなる原因

足部には片足だけで26個の骨があり、それぞれの骨を結ぶ細かい靭帯や筋肉がたくさんついています。しかも生活していく上ではほぼ毎日地面に接しているため、最も負担がかかりやすい部位と言えます。

足の甲が痛いときに考えられるケガとしては以下の症状が考えられます。

リスフラン関節の捻挫

引用:VISIBLE BODY

引用:VISIBLE BODY

アメフトやサッカーなど急激な方向転換が多い種目の選手に多いのがリスフラン関節の捻挫。

リスフラン関節は土踏まずを形成する関節部で、踏み込んだ時にたわむことで衝撃を吸収する役割を担います。ところが、スパイクのポイントが引っかかったことによる過度のねじれや、繰り返しの切り返し動作があると痛める可能性があります。

一発の衝撃で痛めることが多く、踏み込むたびに痛みが出やすくなります。ひどい場合には手術をすることもあるため、痛めた場合には我慢せずにテーピングや休息をするようにしてください。

足部の腱鞘炎

引用:VISIBLE BODY

引用:VISIBLE BODY

靴紐による圧迫やハイヒールの履きすぎ、足指が反ってしまうことによる弊害によって起こるのが足の腱鞘炎です。

足にはたくさんの筋肉があり、それらは腱となって骨に付着します。これらの腱が擦れることで炎症を起こしてしまうのが腱鞘炎です。それ以外にも腱の動きを抑えるための支帯により圧迫されるもの、腱と神経が交差する部分で圧迫されて痛みが出ることもあります。

サッカー選手のようにボールを蹴る機会がある場合や、足の甲が高くて靴の上側に当たりやすい人は起こりやすい症状と言えます。

裸足で生活している時には意外と痛みがおさまっていることがあるため、我慢してしまうことが多い症状でもあります。

中足骨の疲労骨折

マラソンランナーのように長距離の移動で負担がかかるのが足の中央部にある中足骨。練習のやりすぎやアライメント不良(アーチの低下)などで起こる以外にも、サーフェスの変化(人工芝から土グランドなど)なども影響します。

一発の強い衝撃よりも繰り返しの微細な衝撃が蓄積されたことが原因と言えます。

初期段階ではレントゲンに写らないため、意外と見逃されがちです。後々、疲労骨折だったとわかることが多いです。


今回はその中でもリスフラン関節の捻挫に対処するテーピングを紹介します。

ねじれが起きやすい症状であるため、ねじれを抑えてアーチをサポートする狙いがあります。

テーピングの方法

用意するものは25mm幅のキネシオテープとハサミ。一人でも簡単にできるテーピングです。

ねじれ保護テープ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-0-17-29痛みが出ている部分を挟むようにして、二本のキネシオテープを貼ります。

手前側は内側から外側に向かって、奥側(指先に近い方)は外側から内側に向かってテープを引っ張るとねじれを抑えやすくなります。

ただし、あまり強く引っ張りすぎないようにしてください。軽く引っ張るくらいの気持ちで大丈夫です。

しずくのテープ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-0-21-03アーチをサポートするテープです。拇趾球からカカトのアキレス腱側
を通り、元の位置に戻るように貼っていきます。

このテープも軽く引っ張るくらいで大丈夫です。

キネシオテープは強度が心配になってつい強く引っ張ってしまいますが、引っ張りすぎると負担が強くなってしまいます。軽く感じるくらいの引っ張りにしてください。


一人でできる簡単なテーピングなので、ぜひお試しください。

足裏を整えるトレーニング

テーピングは安心感があるため頼りがちではありますが、できることなら足の機能を整えてテーピングをしない生活を取り戻したいですよね。

足裏を鍛えてアーチをつくるトレーニングに関する記事を紹介していますので、こちらも参考にしてください。

足裏を鍛えてアーチをつくるトレーニング

2017.01.25

足は体の土台になる部分。いくら強度の高いトレーニングができていても、足元が崩れてしまってはすべてが台無しです。

運動の基盤となりますので、いいを取り戻しましょう。




▼ お気軽に質問ができるLINE@始めました!

LINE@

ABOUTこの記事をかいた人

東京都府中市にあるコンディショニングサロンめんてなの運営、アメフトや野球チームでのトレーナー活動を行っています。このブログを通じて、ケガを予防するためのセルフコンディショニングの方法がもっと一般的になればと思っています。