肩をまわしやすくなるテーピング

野球やテニス、ゴルフのように道具(バット、ラケット、クラブ)を使ってボールを飛ばす競技では、その支点となる肩に大きな負担がかかります。また、ハンドボールやバレーボールのようにオーバーヘッド動作でボールを扱う競技においても、肩にかかる負担は大きなものがあります。疲労がたまってくるといつもと同じタイミングで動作を続けることができません。このテーピングは肩の動きをよくして、スムーズに動かせるようにサポートしますので、お試しください。

野球やテニスにおいてインナーマッスルばかり注目されがちですが、メインに働く筋肉はやはり表層にある三角筋です。さらに姿勢の影響も大きいです。

骨の位置が正しくなっていればインナーマッスルも正しく使うことができますが、そうでなければインナーはうまく働きません。

三角筋のテーピングをすることで、スムーズに肩を動かしやすくなるのがわかると思います。その結果いい姿勢を生み出し、良好なインナーマッスルの活動を手に入れることができます。

トレーナーが行う方法と、一人で行う方法の2パターン紹介していますので、試してみてください。

肩のテーピング

ABOUTこの記事をかいた人

東京都府中市にあるコンディショニングサロンめんてなの運営、アメフトや野球チームでのトレーナー活動を行っています。このブログを通じて、ケガを予防するためのセルフコンディショニングの方法がもっと一般的になればと思っています。