急性外傷と慢性障害

6c0c66270bd6905c460bd15750556efb_m
スポーツ傷害には捻挫や肉離れのように突発的に起こる急性外傷と、野球肩やシンスプリントやなどのように痛みが慢性的に出る慢性障害に分けられます。スポーツ傷害が起きるメカニズムを理解することで、予防やケガからの復帰を早めることが可能になります。

急性外傷

 アメフトやラグビーなどのように、突発的に外から強い力が加わることでケガをするパターンを接触型外傷と呼んでいます。これらのケガは不可抗力であることが多く、全てを防ぐことはできません。

 それに対して着地のミスにより足首を捻挫した、転倒で肩を脱臼したという場合を非接触型外傷と呼びます。非接触型外傷の場合は、正しい身体の使い方を覚えたりテーピングなどである程度予防をすることが可能であると考えられています。

 同じ急性外傷であっても、接触型か非接触型かによって重症度や復帰のタイミングも異なってきます。まずは何が原因でケガをしたのかを見極めましょう。

代表的な急性外傷

○肩の脱臼
○太ももの打撲
○太もも裏(ハムストリングス)肉離れ
○膝の前十字靭帯損傷・断裂
○アキレス腱断裂
○足首の捻挫

脱臼・靭帯断裂・捻挫などは接触型と非接触型のどちらも起こる可能性があります。一度外傷を経験すると再発しやすくなるので、強化トレーニングが大切になります。

慢性障害

 主に使いすぎなどが原因で慢性的に痛みが出る場合を慢性障害(オーバーユース症候群)と呼んでいます。骨格のアライメント異常・間違ったフォーム・筋力のアンバランスなどにより、局所的に負荷が集中してしまうと身体が悲鳴をあげてしまいます。

 また、競技特性上起こりやすいこともあり、偏った使い方にならないようなトレーニングをしていくことも大切です。

 慢性障害は長期にわたって負荷がかかり続けた結果痛みが出ることが多いので、時間をかけて改善していくという心構えを持ってください。休んで良くなったと思っても、運動を再開すると痛みが再発しやすいです。

代表的な慢性障害

○野球肩・野球肘
○テニス肘・ゴルフ肘
○グローインペイン(鼠径部痛)
○ランナー膝
○シンスプリント

最初は痛みではなく違和感程度だったものが、徐々に痛みを増していくことがほとんどなので、違和感があると感じた段階で最初のアプローチができるとその後も変わってきます。


▼ お気軽に質問ができるLINE@始めました!

LINE@