アスレティックリハビリテーション

db24dc4584823403b942fc3a2f267eae_s

普通の生活をしていくだけでしたら痛みがなくなった段階でOKとなりますが、そこからスポーツを続けていくとなるとさらに動けるように調整していかなければいけません。ケガをすると筋力や柔軟性が低下し、バランス能力も低下することがほとんどです。一度低下した機能を取り戻し、動ける身体に戻していくことをアスレティックリハビリテーション(通称:アスリハ)と位置づけています。

アスレティックリハビリテーションとは

一般的なリハビリテーションというと日常生活に戻るために必要な機能を取り戻すことを目的としています。それに対して、スポーツによるケガ(外傷)や慢性的な障害からより早く安全に元の競技に復帰させることを目的としたリハビリをアスレティックリハビリテーションと呼んでいます。

例えば、足首の捻挫や膝の靭帯損傷などは関節部分がグラグラして、不安定に感じることが多々あります。日常生活だけでしたら気をつければ済むことではありますが、運動中に不安定に感じてしまっては安心してプレーをすることができません。周辺の筋力を回復し、崩れてしまった体内のバランス感覚を正常に戻し、走っているときの安定性を感じる。ここまでできてようやく運動に復帰することが可能になります。

もし、不安定のまま運動に復帰したらどうなるでしょうか。また同じケガをしてしまうかもしれません。不安な部分をかばうことで新たなケガを引き起こしてしまう可能性もあります。早く競技に復帰したい気持ちはわかりますが、そこはグッとこらえてアスリハに取り組んでみてください。

一番簡単な取り入れ方はウォーミングアップの一部として取り入れること。そうすることで競技に入る前段階として身体が反応しやすくなり、新たな感覚を獲得しやすくなります。

スポーツ外傷とセルフケア

▼ お気軽に質問ができるLINE@始めました!

LINE@