スプリントフォームを安定させるけんけんダッシュ

kenken

”けんけん”なんて子供の頃にやるものと思っていませんか?けんけんを連続的に行っているのが”スプリント”と考えると非常に重要だということに気づきます。

しっかりと片足で体を支持できるようになると格段にスプリントフォームが安定してきます。


今回の動画はこちら。


けんけんで気をつけること

このトレーニングは単純にけんけんをしていれば良いというわけでもありません。重要なポイントは、

・足首をロックして地面の反発力を最大限活かす
・腕の振りで重心を移動させる
・腕の振りと重心の引き上げのタイミングをつかむ

と言った点を意識して行うことです。

人間の身体には伸張反射と呼ばれるバネ装置が備わっています。カンガルーがジャンプして移動をしているところを思い浮かべてみてください。カンガルーの足首は非常に細く、アキレス腱のバネを使うことで疲れることなく移動を続けることができます。

この機能は人間にも備わっているのですが、足首がグニャグニャで地面にうまく力を伝えられない(もしくは地面からの反発力を得られない)と余計なエネルギーを使ってしまうことになります。

そのためのトレーニングの一つが片足けんけんです。

もし片足で難しいようであれば両足で行うアンクルジャンプから始めていくのがいいと思います。アンクルジャンプをスプリント練習に合わせたものが片足けんけんということができます。


片足けんけんで足首のロック、腕の振り、上半身と下半身の協調性を確かめることができたら、片足ホッピングや横向きでのホッピングにチャレンジしてみましょう。

片足ホッピングでは地面から足が離れた瞬間にできるだけ高く太ももの噴きあげる動作が入ります。太ももを高く上げようとするあまり接地時間が長くなってしまっては本末転倒です。できるだけ短い接地時間で太ももを高く引き上げるように意識してください。腕の振りも忘れないように。

横向きでのホッピングは切り返しのさいの重心移動の練習としても効果的です。特に蹴る瞬間の股関節の動きや腕の振りはなかなか習得しづらいので、このトレーニングで練習しておくようにしましょう。




▼ お気軽に質問ができるLINE@始めました!

LINE@

ABOUTこの記事をかいた人

東京都府中市にあるコンディショニングサロンめんてなの運営、アメフトや野球チームでのトレーナー活動を行っています。このブログを通じて、ケガを予防するためのセルフコンディショニングの方法がもっと一般的になればと思っています。