ヒップローテーションで中心軸を保つ

dynamic-rotation

股関節の可動域を広げるダイナミックストレッチ、ヒップローテーションを紹介します。

股関節の可動域を広げることと同時に、中心軸を保つ練習にもなります。


今回の動画はこちら。


股関節の可動域を大きくすることの難しさ

スポーツをしている人に限らず、股関節がもっと動くようになればと思っている人はとても多いと思います。ある動きはやりやすいのに、別の動きになると途端にできなくなると感じる人もいますよね。

股関節は骨盤と大腿骨のジョイント部分で、様々な方向から筋肉が付いています。その筋肉の奥ではいくつもの靭帯で、関節部分が抜けないように頑丈な作りをしています。

ガニ股のクセがある人は足を外に開くことは得意だけど、内側に足を入れることができない。逆に女性で内股気味の人はあぐらをかくことが困難という場合も見受けられます。日常の生活のクセや競技特性で、特定の筋肉は活性化しているけど、使わなくなった筋肉は固まってしまって筋肉の機能を忘れてしまうのです。


柔軟性と可動性という言葉の違いも間違えないようにしたいところ。

柔軟性とはゆっくりと筋肉を伸ばしてどれくらい伸びるかという能力を見ること。力を抜いた状態で行うものなので、受動的と捉えてください。可動性とは自分の意思でどこまで動く範囲を広げることができるかという能力。自分が動かそうとするので、こちらは能動的ですね。

さて、どちらの能力が必要でしょうか。

確かにストレッチをしていて身体が柔らかい方がいいと思われがちですが、大切なポイントは自分の意思で動かした時に可動域が広がっているかどうか。これには、余計な力みが入っているかがカギを握っています。

ある動きをしようとして、力の伝達がスムーズにいかなったり、ある部分で力みが生じてしまうとその部分で動きがストップしてしまいます。そのため可動域が広がりません。

意外と柔軟性がなくても可動域が大きい人というのはたくさんいます。前屈だけがストレッチではないということはよく言われますが、前屈があまりいかないスポーツ選手というのもいっぱいいます。


今回、ご紹介するストレッチはダイナミックストレッチと言って関節の可動域を広げることが目的のストレッチです。ダイナミック=動的なので、動いている時の可動域を広げるように意識します。

余計な力みがあると、すこで力の伝達がストップしてしまいます。あまりが張りすぎずに動いているイメージを持ちながらストレッチを行うようにしてください。

ヒップローテーションのやり方

①軸を真っ直ぐに保つ
②片足を上げて外からぐるっと回して真ん中に戻す
※軸足が動かないように注意
③逆回しも同じように行う

支持足の膝が曲がってしまったり、骨盤が大きく動きすぎてしまうと動きが大きいように見えますが、実は股関節が動いていないということになってしまいます。

上半身は常に正面を向いたまま、身体がぶれないように意識して動かすようにしましょう。


▼ お気軽に質問ができるLINE@始めました!

LINE@

ABOUTこの記事をかいた人

東京都府中市にあるコンディショニングサロンめんてなの運営、アメフトや野球チームでのトレーナー活動を行っています。このブログを通じて、ケガを予防するためのセルフコンディショニングの方法がもっと一般的になればと思っています。